乳がんかも?!まずは確かな情報を、というときに信頼できるサイト「がん情報サービス」

乳がんかも?!まずは確かな情報を、というときに信頼できるサイト「がん情報サービス」

乳がんかもしれない。
頭が不安でいっぱいになり、やみくもにいろんなサイトを検索して、混乱して、さらに不安に。

そういった日々は、munecoのほとんどの皆さんが経験しているようです。

情報が溢れ、ある意味氾濫しているこの世の中では正しい知識を得ることにも苦労しますよね。

まわり道をせずに、まずは乳がんの確かな基礎知識を得るに最適なサイトがこちら。

国立がん研究センターが運営する「がん情報サービス」です。

がん情報サービス

「がん情報サービス」では、日本の法律である「がん対策基本法(平成18年法律第98号)」で示された「患者・家族・市民のためのがんの情報をつくり、届ける」ために、さまざまな情報を集めて、「確かな」「わかりやすい」「役に立つ」がんの情報を国民へ提供してくださっています。

現在のところでの最新の標準治療の流れ、そして統計情報や、使える制度など幅広く検索することができ、またチェックしたページが見つかった場合は、ページを登録して履歴として残すことができます。

↑各ページの右上にある★マークをクリックすると、お気に入りのページを保存することができます。

自分が療養中にこれを知っていたら絶対に役立ったなー!と思ったのが「わたしの療養手帳」のページ。
治療中から入院、手術、療養と、目まぐるしく移りゆく日々の中では、やることだらけでごちゃごちゃになっていたことを思い出しますが、これがあるとかなり頭の中が整理されそう、という印象です。

告知されたカテゴリの最新記事